個人情報保護方針

基本方針

  1. 個人の人格尊重の理念のもとに、関係法令等を遵守し、実施するあらゆる事業において個人情報を慎重に取り扱います。
  2. 個人情報を適法かつ適正な方法で取得します。
  3. 個人情報の利用目的をできる限り特定するとともに、その利用目的の範囲のみ個人情報を利用します。
  4. あらかじめ明示した範囲及び法令等の規定に基づく場合を除いて、個人情報を事前に本人の同意を得ることなく外部に提供しません。
  5. 個人情報を正確な状態に保つとともに、漏えい、滅失、き損などを防止するため、適切な措置を講じます。
  6. 本人が自己の個人情報について、開示・訂正・追加・削除・利用停止を求める権利を有していることを確認し、これらの申出があった場合には速やかに対応します。
  7. 個人情報の取扱に関する苦情があったときは、適切かつ速やかに対応します。
  8. 個人情報を保護するために適切な管理体制を講じるとともに、役職員の個人情報保護に関する意識啓発に努めます。
  9. この方針を実行するため、個人情報の保護に関する規程を定め、これを役職員に周知徹底し、確実に実施します。

利用目的

【当法人におけるご利用者様の個人情報の利用目的】

  1. ご利用者に提供する介護サービス
  2. 介護保険事務
  3. 介護サービスの利用者に係る当施設の管理運営業務のうち次のもの
  • 入退所等の管理
  • 会計・経理
  • 事故等の報告
  • 当該利用者の介護・医療サービスの向上
  • その他、利用者にかかる管理運営業務

【 他の事業者等への情報提供を伴う利用目的】

  1. 利用者に居宅サービスを提供する他の居宅サービス事業者や居宅介護支援事業所等との連携(サービス担当者会議等)を保つ場合
  2. 入院・通院による診療等のため、相手医師等から情報提供を求められた場合
  3. 利用者の診療等に当たり、外部の医師の意見・助言を求める場合
  4. 健康診断等の業務委託をする場合
  5. 家族等への心身の状況説明する場合
  6. 保険者および介護報酬審査機関等からの照会への回答
  7. 賠償責任保険等に係る、専門の機関や保険会社等への相談等

【 その他の利用】

  1. 実習生を受け入れるにあたっての業務
  2. 社会福祉および福祉サービス向上のための情報提供
  3. 施設内での研修会
  4. 外部監査機関への情報提供
  5. 横浜市が派遣する介護相談員の活動

社会福祉法人 横浜向陽会

理事長 内野久子

個人情報保護方針